TOPページ > スケジュール

■二次会までにやる事

二次会本番までに、準備する内容をご紹介。この中から開催日時までの予定を組んでいきます。
二次会までの日にちと動ける時間を考え段取りしていきましょう

□コンセプトを決める

■まずは新郎・新婦のイメージを聞きだそう

幹事として、まず新郎新婦に希望イメージ・希望予算・おおまかな人数を聞く事が重要。

【イメージ】
・オシャレ
・ワイワイ
・合コン風
・演出重視
・ノリ重視
・フリートーク
【希望予算】
・豪華に会費も高め
・相場で人数に合わせて
・質素に会費も抑え目
・別予算ありなので豪華に
・別予算+会費で普通に
・別予算を中心で質素に
【人数】
・1〜4人
・4〜10人
・10〜20人
・20〜30人
・30〜40人
・40〜50人


次に、誰がいつまでに何をするのか無理のない範囲で決めておこう。
新郎新婦には二次会のゲスト人数を、早い段階でもらい幹事は、イメージを元にネットなどで会場をピックアップしておこう。 新郎新婦にも会場をピックアップして貰うのもあり。

このスタートダッシュが意外に後に響いてきます!チェックです。

▲このページのTOPに戻る

□役割分け

■役割分担、でも助け合い

コンセプトでも触れていますが、誰と誰が何をいつまでに準備するかは、決めておくのがベター。
誰が何を担当するかは、話し合いで決めておこう。できるだけ、お金の管理は一人に任せるのがいい。

重要な任務なだけに、なかなか決まらないかもしれないが、お互いにサポートする形にすれば、
決めやすくなるはず。

▲このページのTOPに戻る

□会場を決める

■下見できるなら是非足を運ぼう

ピックアップした会場を元に決めていきましょう。
すぐに決まらない場合は、打ち合わせもかねて、いくつか下見に行くといいかも。

実際に店に行く事は、とても重要!今後の演出・企画に大きく関わってきます。
お店のサービスなどもチェック。
店員に二次会に使いたい胸を伝えれば、色々とお得な情報をもらえるケースもありますよ。
結婚式と同じ日に二次会をするなら、移動時間なども考えておこう
三次会なども、この段階から一緒にきめておくと楽です。

▼結婚式・二次会会場探しに
>> ゼクシィnet 〜結婚式二次会会場を探そう〜
>> ゼクシィナビ
>> ぐるなび 〜らくらく幹事さん〜
>> ぐるなび 〜ぐるなびウエディング〜
>> ホットペッパー

▲このページのTOPに戻る

□招待状を送ろう

■招待状は一気に送る

会場が決まったら、次は招待状だ。招待状を送るゲストリスト作成は大変!
でも、ここは気合で一気に作ってしまいましょう。

ここが1番目の正念場!
2ヶ月以上前なら招待状を郵送で送れるがそこまで時間がない場合、メールや電話もあり。
ゲストリストはグループ別にし目上の方にはきちんとした招待状も作っておこう。
招待状にひと工夫加えると楽しい。

【ちょっと変わった招待状】
・招待状返信1番・・・招待状の返信1番の人にプレゼント
・招待状くじ・・・招待状に抽選くじをつける
・招待状クイズ・・・結婚する2人に関するクイズ、当選者にはプレゼント

▲このページのTOPに戻る

□出欠集計をとる

■招待状の出欠集計と予算決定

グループ別に分けていれば集計も、まとめやすい。
なかなか返信を返してくれない人もいるので、各グループで頼れる人に、再度、電話やメールで聞いてもらうの良いでしょう。この時に、当日手伝って貰えるスタッフをかき集めよう。

【当日スタッフ】
・受付スタッフ(2〜4人)
・司会スタッフ(2人)
・撮影スタッフ(2〜4人)
・アシスタント(2〜6人)

ゲストの参加人数がわかれば、演出に使える費用が割り出せる。
何にいくら使うか、この段階できっちり予算分けしておこう。

▲このページのTOPに戻る

□演出企画を考える

■演出・余興・ゲームを考える

時間軸で考えると決めやすい。思い出に残るイベントだけにする為には、ここが正念場

【おすすめの流れ】
映像演出>スピーチ>食事・歓談時間>フリータイム>ゲーム>締め

企画によっては会場側へ説明して協力を要請しよう。
食料関連の持込みなどは、結構きびしい所もおおいので事前に確認をとっておきましょう。


>> 演出・企画はこちらを参考に
>> ゲームはこちらを参考に

▲このページのTOPに戻る

□手配・発注

■演出・余興・ゲームが決まったら

何をするかが決まったら、次は手配・発注。余裕を持って手配・発注しましょう。
納品も当日ではなく前日〜前々日にしておくと、トラブル時にも少し安心。

管理人オススメのお店を紹介しているので、是非こちらも参考にしてほしい

▲このページのTOPに戻る

□買い出しに行く

■ここまでくればあと少し

本番使用する、小道具や雑貨、ゲームの景品やプレゼント、出席名簿や筆ペンなどなど、結構いろいろあります。ここまでくれば、あと少し。楽しみながらみんなで買いにいきましょう。
100円ショップやディスカウントショップなどや、東急ハンズ・ロフトなどの雑貨屋もオススメ。

[ 買い物リスト例 ]
・出席名簿(ノート・和紙・巻物?など)
・小さな金庫(おつりも準備しておきましょう)
・筆記用具(カラフルなペンなど)
・ポラロイドカメラ(チェキなど、フィルムも忘れずに)
・ボード(コルクボードやウェルカムボードなど)
・パーティーグッズ(クラッカー・投げテープなど)
・コスチューム(カツラ・マスク・衣装)
・ゲーム(くじカード・○×プレート)

▲このページのTOPに戻る

□最終確認

■本番に向けての意識統一

もう本番まじか!当日協力するスタッフも集めて最終ミーティングとチェックをしておきましょう。

何時にどこに集合し、どういった段取りで進めていくか意識統一しておかないと、本番で慌てる事になるので注意です。前日から準備できる場合や、午前中から準備できる場合はできるだけ多くの人でやりましょう。

当日、幹事が披露宴に出席する場合は、後任者との意思の疎通は重要、個別に打ち合わせしておきましょう。
特に企画・演出については、一度はリハーサルをしておく事をオススメします。

業者などに発注しているモノもチェック。
当日に納品予定のモノなどは、前々日か前日に念押しの電話をしておくと安全。
当日届かない!なんてシャレにもなりません。

▲このページのTOPに戻る

□二次会本番

■いよいよ本番

本番プログラムは、別カテゴリ「二次会プログラム」でふれていますので
こちらでは、本番前の確認や段取り・受付について軽く説明します。

1)まずはミーティングと状況確認
 ・会場セッティングの確認
 ・スタッフの確認
 ・プログラムの確認
 ・買い足しがないかの確認
 ・搬入・納品確認

2)各自準備
 ・司会(台本読み・リハーサル)
 ・演出企画(リハーサル・着替え・メイク)
 ・スタッフ(セッティング・買い出し・受付準備)

3)受付スタート
受付は2〜4人。名前等(出欠チェック)と会費を集めます。後は撮影やゲーム等で使うカードやカブリ物の支給。
カンパ集めなど集めるのも良いでしょう。招待した人と顔見知りであると、招待客も気が緩むし、いろいろと
頼みやすいので、そういった人を選んでおきましょう。

▼受付での演出
 ・ポラロイドカメラ撮影
 ・色紙・撮影した写真にコメントを書いてもらいクリップボードに張る
 ・ゲーム用のカンパを集める
 ・ビデオカメラを設置し撮影、メッセージビデオやプロジェクターなどで、
 会場にリアルタイム上映するのも、面白い。

4)本番スタート
出だしが肝心です。司会の挨拶は短く、新郎新婦を祝う会なので、みんなで盛り上げていきましょう!
司会(自分)・スタッフも素人なので不手際があるかもしれないが、一生懸命やるので大目に見てください。
と伝えておけば問題ないでしょう。何人かサクラを入れておけば完璧です。

あとは、プログラムに沿って進めていきましょう。
ただし、二次会などは水物!その場のノリ・雰囲気・状況を把握して仕切っていきましょう。

5)お開き
 ・新郎新婦のお礼の挨拶とお見送り
 ・招待客へプレゼント(あれば)
 ・三次会があるならアナウンス(どこでやるか、どこに集まるかなど)
 ・司会によるお開きの言葉
 ・撤収作業・機材の返却

6)その後
 ・3次会
 ・お金の清算
 黒字なら、新郎新婦に渡しましょう。赤字は、有志でカンパ等相談して決めましょう。
 ・打ち上げ&プレゼント
 何はともあれ、大仕事の終了。関係者スタッフと新郎新婦で集まって打ち上げ会をしましょう〜。
 この時、新郎新婦に何かプレゼントすると喜ばれますよ!

▲このページのTOPに戻る